相続人


法定相続人になれる人は、配偶者・子・父母・兄弟姉妹になり、その順位が決まっており、遺言書等が無い場合は法定相続人が財産を受け継ぎます。たとえ親族であったとしても遺言書がなければ被相続人の子供の嫁や伯父、叔母などは財産を受け継ぐことはできません。

相続関係説明図作成時には、まず法定相続人の範囲を確認する必要があります。確認方法は、被相続人出生から死亡までの連続した戸籍謄本を集めて行います。

 

代襲相続人


代襲相続とは、被相続人が亡くなった時、本来相続人になるはずだった人が先に亡くなるなどしていた場合に、その子や孫などの直系卑属が代わって相続人になるという制度です。

相続人となるはずであった子または兄弟姉妹が、被相続人より先に死亡した場合、相続欠格や推定相続人の廃除によって相続権を失った場合にその者に代わって相続人となる者を代襲相続人といいます。ただし、相続放棄した者の直系卑属には代襲相続が認められていません。

代襲相続人の範囲は、子の代襲相続は孫、孫が被相続人より先に死亡している場合等はひ孫、というように無制限に下ります。一方、兄弟姉妹の代襲相続は、甥・姪までとなります。